コニカとミノルタが経営統合したのは9年近く前になります。その2年半後に両社が創業以来取り組んできた写真関連事業から撤退しました。最近では、入社試験を受ける学生にもうちがかつてカメラやフィルムのメーカーだったことを知らない人がいるかもしれません。でもコニカの感光材料とミノルタの光学機材の歴史は、写真産業史そのものと言えるほどです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1233文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。