コニカとミノルタが経営統合したのは9年近く前になります。その2年半後に両社が創業以来取り組んできた写真関連事業から撤退しました。最近では、入社試験を受ける学生にもうちがかつてカメラやフィルムのメーカーだったことを知らない人がいるかもしれません。でもコニカの感光材料とミノルタの光学機材の歴史は、写真産業史そのものと言えるほどです。