業績不振企業が続出し、戦略の巧拙が問われている。だが、その議論には誤解も多い。典型がイノベーションに対する見方だ。米アップルのような独創性が必要と強調される。本当にそうなのか。前回に続いて、経営論壇の新鋭が“常識”を覆す異論を展開する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5514文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題