日本の将来に明るさを見いだせない大きな要因の1つが、少子化だろう。第2次ベビーブームの1973年には209万人を超えた新生児が、2010年には107万人とほぼ半減している。