縮小する国内市場をものともせず、最高益を叩き出した内需企業は何が優れているのか。そこにあったのは常識的な手法や見方と決別し、自らの信じる道を貫く強さだった。パル、トリドール、ハマキョウレックスなど特徴的な最高益企業の経営の秘密を解剖する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り542文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 今こそ日本で稼ぐ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。