5年、10年先を見据えて、継続的に投資を繰り返す。バリューが上がったと判断すれば、震災後でも値上げを恐れない。縮み行く内需の中、「夢の国」のトップは冷静に先を見据えている。