5年、10年先を見据えて、継続的に投資を繰り返す。バリューが上がったと判断すれば、震災後でも値上げを恐れない。縮み行く内需の中、「夢の国」のトップは冷静に先を見据えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4309文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題