20代で貿易商社を起業し、30代で出版社を作り、45歳の時に米国で当時広まっていたコーチングを日本に紹介したいと思い、コーチ・トゥエンティワン(現コーチ・エィ)を設立しました。コーチングとは、人材開発の手法の1つで、リーダーが目標を達成するのに必要な知識やツールを備えさせるプロセスを指します。私自身も、設立時からずっとエグゼクティブコーチについてもらっています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1205文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。