20代で貿易商社を起業し、30代で出版社を作り、45歳の時に米国で当時広まっていたコーチングを日本に紹介したいと思い、コーチ・トゥエンティワン(現コーチ・エィ)を設立しました。コーチングとは、人材開発の手法の1つで、リーダーが目標を達成するのに必要な知識やツールを備えさせるプロセスを指します。私自身も、設立時からずっとエグゼクティブコーチについてもらっています。