国内大手企業の本社が密集する首都・東京。直下地震の対処を誤れば、影響はほかの地域や世界に飛び火する。「事前想定」の脆さが浮き彫りとなる中、企業は臨機応変な対応力で被害拡大を抑える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5653文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 M7.3 東京崩落」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。