組織の風通しがよくない――。こう悩むリーダーは少なくないが、改善策を打ちにくい。現場のコミュニケーションの良しあしは“感覚”に委ねられ、実態を把握できないからだ。この課題を解決するため、対面コミュニケーションの実態を測定するシステムが登場した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3100文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題