パナソニックはテレビで開いた穴を「白物家電」で埋める。エアコンや洗濯機などで新興国の生活に合った商品を投入。白物家電が売上高でAV家電を上回り、初の主役に躍り出る。