阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)の旗艦店、阪急百貨店うめだ本店が11月下旬に増床開業する。計画では、売り場面積を1.3倍に広げ、8万4000平方メートルに拡大する予定だった。だが発表によると、計画面積のうち4000平方メートルを従業員向けの食堂や休憩所に当て、売り場の面積は8万平方メートルに縮小。さらに物販は旧本店の1.2倍の拡大にとどめて、売り場の約2割を「非物販」に割く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り439文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年6月4日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。