高い「研究開発・特許力」を持つホンダが、低い韓国・現代自動車に脅かされている。ホンダの4輪の研究開発費は年間約3500億円に上り、売上高の約5%に当たる金額になる模様だ。現代自の推定約1000億円、売上高比率2%を凌駕するにもかかわらず、近年は販売台数で差が開くばかり。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3856文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本車 本当の実力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。