日産は今、クルマの開発手法を根本から見直そうとしている。クルマを「モジュール」と呼ぶ機能ごとの部品の固まりの集合体と見なし、モジュールの組み合わせで異なるクルマを開発していく。日産はこれを「コモン・モジュール・ファミリー(CMF)」と名づけ、2013年以降に発売する車種から順次導入する方針だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り990文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本車 本当の実力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。