ソーシャルゲームの健全性が問題になっている。「利用者の射幸心をあおり過剰に課金している」として社会的批判を浴びた。これに対してディー・エヌ・エー(DeNA)やグリーなどソーシャルゲーム大手は、未成年者への課金の上限額を設定した。さらには「コンプリート(コンプ)ガチャ」を消費者庁が景品表示法に抵触すると判断する前に自主的に廃止を決めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1498文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題