新型万能細胞であるiPS細胞を創薬に利用する研究が活発になっている。薬剤の効果や毒性を実際の人の細胞で調べられるのが強み。薬の開発にかかる時間とコストを大幅に削減できると期待されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3412文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題