最初に曽野綾子さんの作品に触れたのは三十数年前にさかのぼる。純心な高校生の時に読んだ『誰のために愛するか』(文春文庫)だ。当時手にした、ほかのカビが生えたような人生論や青春論とは全く違った切り口に、続編も含めて熱心に読み込んだ。そして先日、再び偶然、曽野さんの本書を見かけた。