中国一極集中のリスクを回避する手法として、「チャイナプラス1」という考え方があります。主に中国に生産拠点を持つ日本企業が、人件費上昇などを受け、ほかのアジア諸国に投資を行い、リスクを分散することを指します。ただ、この考え方も次第に古くなっていくのではないかと、今号の特集では指摘しています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り648文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。