中国一極集中のリスクを回避する手法として、「チャイナプラス1」という考え方があります。主に中国に生産拠点を持つ日本企業が、人件費上昇などを受け、ほかのアジア諸国に投資を行い、リスクを分散することを指します。ただ、この考え方も次第に古くなっていくのではないかと、今号の特集では指摘しています。