2年前にスウェーデンのボルボを買収した中国の吉利が、思わぬ壁にぶつかっている。ボルボを内資企業と見なすか外資と見なすか、中国政府の判断が下りないのだ。海外ブランドを買収し中国で飛躍させるはずが、自国の外資規制に足をすくわれた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2920文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2012年5月28日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。