原油をはじめとした資源価格が下落に転じている。資源依存が強い商社の株価も、市況の軟化でさえない状況だ。市場の調整局面において、商社には減損リスクも高まっている。