時価総額を基に、アジアの有力企業100社をランキングした。日本経済は伸び悩むが成長を続ける企業は少なくない。今も3分の1を占める最大勢力だ。「電機」「通信」「自動車」「飲料・食品」の4業種で競合企業と比較した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3970文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 徹底予測 2030年のアジア」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。