今は経営からは手を引き、あくまでオーナーとしての視点だが、労働集約型の産業を中国に立地することはますます難しくなっている。人件費は3年後にはさらに倍になっていても不思議ではないし、給料を上げても人が集まらない。あまり大きな声では言えないが、生産現場の第一線で指揮を執れるような人材の枯渇も深刻だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1091文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 徹底予測 2030年のアジア」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。