FTA戦略で後手に回る日本。法人税などコスト面の不利という課題も抱える。だが、アジア各国では人件費などの上昇が続き、生産地としての優位性は今後薄れていく。条件面が対等に近づいていけば、立地競争でアジア諸国に対抗する道も開ける。