アジアの中間層に照準を絞れ―― 。今、多くの日本企業がアジア事業を強化している。では実際に各地の消費市場がどのような成長曲線を描こうとしているのか。「都市」を通じて全体を見渡すとイメージがしやすい。