中国から輸出された茅台(マオタイ)酒を中国人が海外から買って帰る。最近、こんな珍現象が起きている。国酒として珍重される茅台酒は重要な宴席にはなくてはならない。生産量が限られているため中国国内では入手が困難で、海外にわずかに流通している茅台酒を求めて東奔西走する中国人が後を絶たない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3557文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 徹底予測 2030年のアジア」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。