農村部から無尽蔵に供給される安価な労働力を活用し、安い工業製品を大量生産、そして世界中に売りまくる。過去30年間の中国は、この「世界の工場」というビジネスモデルで発展してきた。かつて外国から「デフレを輸出している」とまで批判された中国だが、最近は世界の工場としての立場を静かに、かつ確実に失いつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2437文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 徹底予測 2030年のアジア」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。