農村部から無尽蔵に供給される安価な労働力を活用し、安い工業製品を大量生産、そして世界中に売りまくる。過去30年間の中国は、この「世界の工場」というビジネスモデルで発展してきた。かつて外国から「デフレを輸出している」とまで批判された中国だが、最近は世界の工場としての立場を静かに、かつ確実に失いつつある。