40歳を迎えた日、鏡の前の自分を改めて眺めました。おでこが広がり顔はシミだらけ。目の下のくまは、苔のようにそこに居座り続けています。でもこれが今の自分。両親から受け継ぎ、これまで苦楽を共にしてきた結果です。「40歳になったら自分の顔に責任を持て」というリンカーンの言葉を引くまでもなく、これからもこの顔で生きていくしかないのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り490文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題