労働時間を6時間に定め、休憩なしで働く制度を取り入れた。生まれた余剰時間で生活を豊かにし、社員の満足度を高める狙いだ。ファッション業界の革命児は新しい「家族経営」を目指す。