労働時間を6時間に定め、休憩なしで働く制度を取り入れた。生まれた余剰時間で生活を豊かにし、社員の満足度を高める狙いだ。ファッション業界の革命児は新しい「家族経営」を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4939文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題