大手銀行をはじめ、多くの銀行が国債の売却益で業績を押し上げている。しかし、預金者は国債を買ってほしくて預金をしているわけではない。タダ同然の金利で預金を集め、タダ同然の利息しかつかない国債で運用する。こんな経営で許されるなら公益性がある存在として銀行免許を付与している意味はない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り876文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 銀行儲けすぎの実像」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。