災害時に避難所の間仕切りとして使われる段ボール。欠点は燃えやすさだった。そこで燃えにくい防炎段ボールが開発され、今年4月に間仕切りとして製品化された。一方、物流の現場では極限まで無駄を削った段ボールが登場し、導入の動きが広がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3454文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題