ロンドンオリンピックまで2カ月余り。普通なら、薄型テレビ商戦が盛り上がるはずですが、今回は活況に沸いているという話は一向に聞こえてきません。それどころか、米ディスプレイサーチの予測では、2012年の薄型テレビの国内出荷台数は前年の半分近くにまで落ち込む見通しです。特集で紹介していますが、数年前まで、家電量販店で売り場の目立つところに展示されていた、かつての“家電の王者”は、今や隅に追いやられて、“窓際族”になろうとしています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り649文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。