瀕死の状態から「脱テレビ」で復活したのが日立製作所だ。慢性的な赤字体質を払拭し、2期連続で過去最高益を更新した。スピードと決断力、そして強い危機感が会社を変えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5210文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 さよならテレビ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。