優れた技術者が、韓国のサムスン電子やLG電子などに数多く流出したことは事実だが、それでもソニー社内には優秀な技術者が数多く残っている。こうした人材のアイデアを素早く商品化につなぐことが経営陣に求められる。