「テレビ事業では売り上げやシェアを追わず、2014年3月期に黒字化させる」。ソニーの平井一夫社長はこう言い切る。2012年3月期のテレビ事業の売上高は8400億円、営業赤字は1480億円。2013年3月期には、前期1960万台だった売上台数は1750万台、売上高も7400億円に減る。営業赤字は800億円前後に改善するが、9期連続の赤字は確実だ。