家電量販店の主役は、今やテレビではなくスマートフォンだ。エコポイント特需が終わるとともに、テレビの供給量は需要を大きく上回った。国内市場は激減、世界も厳しい。テレビ不況に出口が見えない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1890文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 さよならテレビ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。