家電量販店の主役は、今やテレビではなくスマートフォンだ。エコポイント特需が終わるとともに、テレビの供給量は需要を大きく上回った。国内市場は激減、世界も厳しい。テレビ不況に出口が見えない。