「日本企業が苦境に陥ったのは技術力を過信して自前主義にこだわったせいだ。これからは用途開拓に力を注ぎ、単品商売ではなく製品やサービスをパッケージで売り込む必要がある」。ここ数年、技術経営の専門家から繰り返しこうした提言を耳にします。パナソニック、ソニー、シャープの再生策を探った今回の特集の取材でも、同じような意見に出合うことがありました。