米グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏がCEOに就任して1年が過ぎた。大企業病の克服に挑む一方で、米フェイスブック、米アップルとの競争は激化するばかり。SNS進出は果たしたが、ハード分野への進出も目論むなどトップの座維持に執念を見せる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6695文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題