世界のスマホ市場でサムスン・アップルの強さが際立つ。両社のシェアは合算で50%を突破し、なおも伸び続ける勢いだ。生き残りをかけた3番手以下のイス取りゲームが熾烈を極めている。