社員の働きに報いて、その活力を維持する賃金制度を残しながら、企業としての利益も確保する。人件費の総枠をどう管理するかは、二律背反のような難しいテーマだ。