2000年代に入り、日本企業は好況下でも賃金を抑制し、利益を捻出した。だが今回の負担増は、個人の可処分所得を今より減らしてしまう。人件費削減だけでは限界。個人のやる気と生産性を生む賃金制度が必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7859文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 人件費破裂前夜」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。