市長選の告示前に、候補者の支援要請文に署名していた問題が噴出。野党から「大臣の資質なし」と糾弾され、問責決議案が可決された。「身柄は国家国民に預けた」として、残された職務で町づくりに奔走する。