市長選の告示前に、候補者の支援要請文に署名していた問題が噴出。野党から「大臣の資質なし」と糾弾され、問責決議案が可決された。「身柄は国家国民に預けた」として、残された職務で町づくりに奔走する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3983文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題