東日本大震災後の需給逼迫で、アジアの天然ガス価格の高騰が続く。ガス業界への注目も集まる中、上流権益の確保やガス設備の拡販を進める。天然ガスの調達、供給コストは削減の余地ありと見る。