日銀は市場の予想通り追加金融緩和に動いた。手段が乏しい中で苦肉の対応に迫られた感は否めない。その細目には緩和を早く終わらせたいという本音も透ける。