主要7カ国(G7)の経済成長に格差が生じてきた。ユーロ圏の停滞が続く一方、日米は緩やかな回復へ。それでもなお、世界債務危機はまだ終わったとは言えない。