完全民営化という“宿願”にまた一歩近づこうとしている日本たばこ産業(JT)。今年度中には政府が保有する株式の3分の1(=全株式の6分の1に相当)を放出する方向だ。