昨年10月5日にスティーブ・ジョブズ氏が亡くなって以来、ビジネス界の関心は、この希有な才能を持つ創業者なしに米アップルが生き延びていけるのかという点にある。だが、ジョブズ氏は既に2000年代初めに、アップルのDNAを次代に継承させるための「アップル大学」を自ら創設している。アップルの成功を法則化するのが目的だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1140文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 社内道場で鍛えよ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。