工業高校の後釡となったのは「サイエンス重視の進学校」だ。優れた教員や企業の協力を集結させようと、奔走した1人の公務員がいた。自身の挫折を胸に、未来の科学者に夢を託す。