切り餅の「切り込み」を巡る特許紛争において、知財高裁で逆転敗訴。 ライバルよりも先に開発した点を主張したが、証拠として採用されなかった。 特許や知財に対する「認識の甘さ」を認めつつも、審議に対する疑義を呈す。