ネットやスマートフォン、ICカードなどの普及を背景に様々な経路で大量の顧客情報が企業に蓄積されている。そのデータを活用して販促や製品開発に結びつける。こうした新たな企業の試みが密かに広がり始めた。それは「データ革命」と言うべき潜在力を秘める。企業の取り組みの現状と将来に向けた課題を探った。

(広野 彩子、宇賀神 宰司、中野目 純一)
写真背景:読売新聞/アフロ

CONTENTS

「ビッグデータ」が切り開く
売り方革命
グーグル、アマゾンだけじゃない

先行企業に見る実践の極意
革新支える分析力

グーグル事件の波紋
巨人が示した“教訓”

日経ビジネス2012年5月7日号 42~43ページより目次