今年も「節電の夏」が近づいてきた。特に日中の消費電力量の低減が課題だ。そこで太陽熱が屋内に入るのを防ぐ窓ガラスやフィルムが人気を集める。可視光線はなるべく通し、赤外線を遮ることで明るさと遮熱のバランスを取る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3281文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題