今号の特集は、相当反響が大きいだろうと予想しています。日本の有力企業の現役トップの中で誰が最も発信力があるのか、独自の計測手法に基づいてランキングを試みました。単に新聞や雑誌、ブログなどへの露出度を順位づけするのではなく、掲載されたコンテンツの内容を「ポジティブ」「ネガティブ」などに分類したうえで、総合点を算出しました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り646文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。