今号の特集は、相当反響が大きいだろうと予想しています。日本の有力企業の現役トップの中で誰が最も発信力があるのか、独自の計測手法に基づいてランキングを試みました。単に新聞や雑誌、ブログなどへの露出度を順位づけするのではなく、掲載されたコンテンツの内容を「ポジティブ」「ネガティブ」などに分類したうえで、総合点を算出しました。