4月22日に実施されたフランス大統領選の第1回投票は、社会党のフランソワ・オランド氏が得票率29%でトップに立ち、現職のニコラ・サルコジ氏を上回った。これにより、5月6日に両氏による決選投票が行われることになった。